2009年3月釣行記

3月28日(土) 和歌山県由良周辺 潮:大潮 満潮/06:51 干潮/13:13
主な釣果:グレ 37cmまで 4匹
 沢山の方にお誘い頂きながら今年の冬は寒グレに釣行せず終いでした。グレ狙いにはちょっと中途半端な時期ですが、竿とクーラーだけ持ってくれば良いというところまでお膳立てして頂き久しぶりに中紀まで足を伸ばしました。
 メンバー3名でゆったり釣れる場所という事で渡った磯はこの所調子はいまひとつだけれど引きの時間帯に良いとのこと。しかし、上がってみると予想より風が強く苦労させられそうです。
 仕掛けは磯竿1号5.4m、道糸2号にハリス1.2号直結で2ヒロ、グレ針5号、円錐ウキ2B、撒きエサはオキアミ2キロに集魚剤とオカラを混ぜました。
 予想通り潮が上滑りして釣り辛い状況です。釣り始めて2時間の時点で同行者がスレでフグを掛けたのみ。そのフグもエサを掠め取るほど居るわけでなく全体的に低活性というか生命感がありません。
 途中から0のウキを追加し水中ウキ代わりに沈めてやや強引に潮と合わせることに集中しました。するとようやく小さいながらもアタリが出始め、20cmあまりの木っ端を2枚、続けてアタリ?と首を傾げながら合わせたところ37cmをゲット。納竿間際にも30cmを釣ることが出来ました。同行者2名は31cmまででしたが、それぞれ6枚、7枚と当日の状況とこの時期であることを考えると上々の数を上げることが出来ました。


3月20日(祝) 琵琶湖・堂の川 曇り:強風
主な釣果:コアユ 58匹

山芋で嵩増ししてかき揚にしました
 前夜は激しく雨が降っていたこともあり、釣行する気はなかったのですが、目覚ましをセットし直すのを忘れてしまい、出勤する日と同じ時間に目覚ましが鳴ってしまいました。まだ小雨は残っていましたが、回復に向かう予報だし来週は所用があるし、WBCの野球もあるので釣り場も空いているだろうと、つい出掛けてしまいました。
 膳所に向かうJRの中で湖西線が強風のため一部運休とのアナウンス。嫌な予感がします。釣り場についてみると果たして風も強いし見事に茶色く濁っていました。
 におの浜のポイントでは「大津親子釣り日誌」管理人のKURIさんが既に竿を出しておられました。1年ぶりのご挨拶もそこそこに状況を尋ねるとやはり渋いとのこと。しかしどこも似たような状況だろうと、とりあえず竿を出し10時頃より挑戦です。
 程なく1匹目をゲット。その後もぽつぽつとは釣れてきます。水色のいい沖目を狙いたくなりますが、荒れた波に押されるのかどうも手前に魚が多いような気がします。強風で竿が操りにくかったので、手前狙いなら竿を5.4mから4.5mに変えれば良かったのですが、面倒でついそのまま釣り続けてしまいました。やはりそういう時はダメです。1時前位だったでしょうか、いよいよ風が強くなり納竿、釣果は58匹。
 竿を変えておけばもう少しなんとかなったと思います。反省。仕掛けは上5本狐針下10本アジ針いずれも金銀混合でした。

目次へ