2010年10月釣行記

淀川・海老江周辺 潮:大潮 満潮/07:44 干潮/13:20
主な釣果:ハゼ 22匹
 用事が多くなかなか釣行がままなりません。今日も朝一番に用事を済ませてからのわずかな時間しかありません。午後から雨予報であり、またちょうど底潮の悪条件です。釣れなくてもダメージが少ないように近所の釣り場にデイパックの中に3Lクーラーとコンパクトロッドと折りたたみ傘を放り込み、いつでも撤収できる体制で出かけることにしました。
 石ゴカイ500円を購入し釣り場に着いたのは12時前。ほぼ潮が引いた状況で、先行者も釣れている雰囲気ではありません。
 コンパクトロッドに小型スピニング、1.5号ライン。中通し錘2.5号の先にサルカンを介してハリス1号約15センチ、キス針6号のシンプルな仕掛けです。
 潮が引いているので沖目に投入して少しずつさびくように探ると1投目から良いサイズが釣れてきました。これは意外といけるかなとほくそえむも後が続きません。
 投げるたびに藻が錘や針に絡んできます。これでは餌が目立ちませんし、ハゼも少ないはずです。小移動しながら、喪の少ない砂〜砂利底を探します。やがて少しいい感じのポイントを見つけ、2投に1匹くらいのペースで釣れるようになってきました。
 ちょうど潮も底から少し上がりかけてきた感じでこれから、といったところでしたが、雲行きがいよいよ怪しくなり風も冷たく湿った感じになってきたため、14時に納竿しました。

淡路島松帆〜岩屋周辺 潮:小潮 満潮/10:27 干潮/13:26
主な釣果:アオリイカ 1杯
 やっと仕事とプライベートの用事、心身の調子、休日の天候の条件が揃って、久しぶりの釣行です。ハゼ釣りにするか身軽にエギングにするか迷いましたが、一昨日までの荒天で河口はまだ濁っているであろうことと、潮風を浴びてのリフレッシュを考え、淡路島までエギングに行くことにしました。
 釣果よりリフレッシュ優先でゆっくりと出発しポイント到着は10時頃。最初のポイントは波止ですが、昨日までの雨の影響か潮色が悪くやや濁りも回っている感じです。
 振り出しのエギングロッドに小型スピニング、PE1号にリーダーを1ヒロほど。エギは3号を使用です。
 30分ほど遠投から波止際の小魚の群れの中まで探ってみますが反応がなく、海の雰囲気的にもちょっと辛い感じです。ランガンしてきたエギンガーに尋ねられダメなことを伝えると「今日はどこも釣れてないですわー」とのことでますます期待薄です。
 少し条件の違う場所を探ることにして小移動して、今度はサーフのポイントです。15メートル程先にかけ上がりと海藻帯がある感じです。1個エギを取られてしまいましたが、しつこく探っているとグイーンとはっきりしたアタリ。久しぶりの引きを堪能しながら釣り上げたのは胴長16センチのアオリイカ。その後しばらく探るも後が続かず、13時30分納竿しました。

目次へ