2020年9月22日 釣行記 泉南 岡田浦漁港 

今年はハゼ釣りでいい情報が全く入ってきません。
初心者イメージのにもおススメの釣り物で、簡単に釣れるイメージの魚ですが、今年は様子が違うようです。
毎年ハゼの情報が書き込まれる釣具店の釣果情報ブログでもハゼの文字が見られませんでしたし、ハゼ釣りが好きな釣り人が運営しているブログでも、貧果や悪い時にはボウズの報告があったりします。
私も9月に入ってからウォーキングがてら出掛けた淀川河川敷で河原まで降りて、デイパックに入れてあったコンパクトロッドとベビーホタテの餌で30分ほど試し釣りをしたことがあったのですが、アタリもなく、見える範囲では釣れているところを見ることはできませんでした。
今日は午前中だけの釣行になりますし、数釣りのシーズンは過ぎているしで、あえて今日出掛ける理由もなかったのですが、やはり季節の釣り物は釣っておきたいのと食しておきたいのとで、午前中だけ釣行することにしました。
淀川も武庫川もいい噂が聞こえてこないので、岡田浦漁港に向かいました。
コンパクトロッドでのちょい投げで中通し錘2.5号の先にサルカンを介して袖針5号の簡単な仕掛けに餌は青イソメです。本当は石ゴカイがいいのですが、なにやら輸入元の中国で薬剤を誤って石ゴカイが全滅して入って来ないらしく、今はどこの釣りエサ店でも石ゴカイは入手は著しく困難です。
さて、7時過ぎから竿出しです。満潮が9時半くらいですから一番いい時間帯です。
しかし、やはり食いが悪いです。全く釣れない訳ではありませんが、フグフグフグフグハゼフグフグフグフグハゼフグフグフグハゼフグといった感じです。また型も小さかったです。
結局9時半までの短時間釣行ですが、ハゼ6匹ガッチョ1匹ミニキビレ1匹の貧果で終了。釣ったハゼは近くで竿を出していた家族連れの子供に進呈して納竿しました。
今年は太刀魚も良くないようで、せっかく来月から平日釣行が可能になり本来ならいいシーズンなのに、どうしようか思案中です。

目次へ