2020年11月6日 釣行記 泉南方面 カレイ釣り

一気に気温が下がってきて冬の気配が近づいてきました。
季節の釣り物という事で大阪南部の泉南方面にカレイを狙っての釣行をしてきました。
いつも通りに前日の夕方に自宅から徒歩30分ほどの釣具店に行き、青イソメ800円分を購入しておきました。
釣り場に選んだのは大阪南部の泉南方面の某港の港内ポイントです。
あまり知られていない狭いポイントですが、この時期に何度かいい目を見たことがある秘密のマイポイントです。
竿出しは7時頃。
今日はあまりいい潮ではありませんが満潮が10時頃で上げの7分くらい、またカレイは朝の8時頃と夕方4時くらいに潮と関係なく食いが立つことがあると個人的な経験則で思っているので悪くありません。

今日も装備はコンパクトロッドでのちょい投げスタイルで全ての荷物を保冷デイパック一つに納めてのお手軽釣行スタイルです。
シマノのコンパクトロッド2本に中型スピニング、仕掛けは6号のジェット天秤にモトス5号ハリス3号流線11号の自作2本針仕掛けです。
1本目を投入して2本目の準備をしている間に早くもアタリが出ています。掛かってきたのはエサ取りのフグですが魚の活性は高いようです。
2本目を投入して少しずつ仕掛けを動かして誘いを掛けます。漁船の航路と仕掛けを動かして底の状態を探ってかけ上がりと思われるところに仕掛けを置きます。
誘って少し間をおいてキレイなアタリ。
狙い通り20cm程のカレイが掛かってきました。

続いて大きなアタリで上がってきたのは20cmクラスのキス。
アタリはひっきりなしにあって、小さなチャリコやアナハゼ、エサ取りのフグが掛かってきます。カレイは魚の活性が高いいわゆる時合いがチャンスで、時合いを外すとピタリと食わなくなるので、今がチャンスと大き目の餌を付けしっかりと誘いを入れます。
すると小さなアタリ。チャリコやフグは竿先を揺らし続けますが、アタリが一度きり。これはカレイかと合わせを入れてリールを巻くと、重い手応えから巻き上げてくると底に向かうような締め込み、カレイです。釣りあげたのは34cmのマコカレイ。
時間は個人的チャンスタイムの8時。予想通り時合いのようです。続けて20cmクラスのカレイ。
その後ミニチャリコとハゼ、フグ、アナハゼが続いていましたが、竿先が揺れた後に道糸がふける典型的なカレイのアタリが出て、コンパクトロッドでは少し不安なくらいのいい重量感と締め込みで上がってきたのは35cmのカレイ。

このポイントでは何度かいい目を見ましたが、30cmオーバーを一日で2枚は初めてだったと思います。
その後はエサ取りも含めてピタリとアタリがなくなり、時間は9時前、やはりカレイは時合いが顕著なようです。
エサ取りを含めて魚の活性が高くてエサの消費が早くエサが切れ10時過ぎには終了。
正味3時間程の短時間釣行になりましたが満足な釣果で、帰宅しての調理を楽しみに納竿しました。
大型カレイは1匹は刺身に、もう1匹は半分に切って煮付けに、小型2匹と刺身を取ったアラは唐揚げに、キスは刺身で頂きます。


本日の釣果  カレイ 4匹(35cm、34cm、23cm×2  キス 1匹   チャリコ、ハゼ、アナハゼ リリース
目次へ