2022年5月10日 コアユ釣り  びわ湖蓬莱浜周辺


今年はあまりいい情報は入ってきてないのですが、景色も水も空気も綺麗な湖西までコアユ釣りで遠征です。

自宅を5時過ぎに出発したのですが、緊急事態でトイレに寄ったり、JRが事故の影響で遅れていたりで、蓬莱駅到着は8時半になりました。
駅から歩いて湖岸に出ると八屋戸川河口で2人ほど竿を出しておられましたがあまり竿は上がっていない様子。やはりイマイチなのでしょうか。
この近辺のメジャーポイントは駐車スペースのある志賀浜で、私も数年前まではマイポイントにしていましたが、最近は混雑していることが多くなってきました。
蓬莱近辺は駐車が困難なためコアユ師は少ないですが、代わりにバス釣りのボートが入ってくることがあります。

河口から少し移動して目的のポイントに着いて缶コーヒーを飲んでから竿を出したのは9時ちょうどです。

 

入ったポイントはちょっとした流れ込みがあるのですが、背後に樹木があり、少し竿が振りにくいので空いていることが多いポイントです。また、目に見える流れ込み以外にも伏流水が砂浜から湧いているので、魚が集まりやすいところです。

5.4mc硬中硬竿、1号道糸、ピンポン浮き(何号でしょう?ビー玉大です)、金銀キツネ針2本、ラセン、白ビーズキツネ針3本、錘0.8号、の仕掛けです。

シラスベースのエサをラセンに詰めて、アユを寄せるつもりで打ち始めると、2投目でアタリが出て、1匹目ゲットです。10cmくらいの湖西サイズです。



案外好調かもと思いましたが、やはりそうはいかず釣れるには釣れますがスローペースです。

基本無風でしたが、時折り風が吹いて水面が波立つと少しペースが上がります。
30分程釣ったところで、ウキを外してしゃくり釣りで早いペースで投入し、エサを効かせていくとアユが集まってきます。
しゃくり釣りでも釣れますが、今日は沖目の方がコアユが集まっているようで、ウキ無しのしゃくり釣りでエサを効かせたところで、ウキ釣りに切り替えるパターンにすると比較的型のいいものが割と良いペースで釣れるようになり、時折り2連で掛かることもありました。

12時前の時点で束を越え、昼食休憩。
再開後、ちょっと油断して道糸を背後の木に掛けてしまったところで、束も確保し型もまあまあ揃って嵩もあり、自分的には満足だったので、早めですが12時半に納竿しました。

釣果は116匹でした。

 

目次へ